看護師の退職手続き

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

看護師が円満に退職するために必要な手続きや注意点


看護師の職場を退職する際には単に退職する意思を上司に伝えるだけでは実施できません。さまざまな手続きを経て、退職することができます。

自分勝手な振舞いで退職してしまうと、これからも職場で働く同僚の看護師にも迷惑をかけてしまうこと恐れがあります。

そこで今回は、円満に退職するために必要な手続きや注意ポイントなどをわかりやすく解説していきます。


看護師の退職手続き



スポンサーリンク





退職を切り出すタイミング


法律的には退職する2週間までに退職する旨を伝えればよいことになっています。

実際には勤務先の就業規則などで、退職をする際は「退職を希望する日付の少なくとも1~2ヶ月前まで」などと設定されているケースが多いです。

しかし、残っている有給の取り扱いや職場の忙しさ、シフト体制、引き継ぎなどといった諸々の手続きを実施する期間を考慮して、できるだけ早め(3ヶ月程度)に余裕を持って申し出ることがマナーと言えます。

つまり、自分自身の都合だけでなく、病院や働いている看護師などの負担などにも配慮してタイミングを見計らうようにしましょう。




退職を最初に伝える相手


退職したいという意思は、直属の上司へ直接伝えましょう。

例えば、事前に話があり少し時間を空けてほしい旨を上司に伝えておき、雑談の場などではなく改めて対面で申し入れるようにします。

病院側にとって看護師であるあなたは大切な戦力です。退職の意思を伝える際には「もう少し考え直してほしい」と一度は引き留められることもあるかもしれません。

迷っている態度を取ることで、より一層強く引き留められることも多いので、丁寧、かつ明確に退職する意思を伝えることが大切です。


看護師



退職願の書き方


退職願に関しては職場によって所定の退職願のフォーマットが指定されているところもあるので、事前に確認をしておいてください。

基本的には退職の意思を伝えた翌日、もしくは数日以内など、できる限り日が空かないうちに提出しましょう。

また、原則として白色の便箋に手書きで記載して、白い封筒へ入れて提出します。

具体的な退職願の書き方に関しては下記のページで詳しく解説しているので、興味がある方はそちらでチェックしてください。


看護師の退職願






引き継ぎ業務


退職願を提出した後に実施しなければいけないのは引き継ぎです。今まで担当してきた仕事をこれらからも残って働く同僚の看護師に引き継ぐ作業を行います。

円満に退職するためにはスムーズに引き継げるように配慮することが大切となります。

スムーズに引き継ぎを実施する際にお薦めしたいのが「引き継ぎノート」を作成することです。

あなたが担当してきた患者さんの状態や業務内容を文書で記載しておくことで、引き継ぎ漏れを防ぐことができます。

引き継いだ同僚の看護師にとっても文書にしてくれることで、後で確認することもできるメリットがあるので大変助かります。

また、引き継ぎノートには院内の委員会の担当なども含めて、あなたが担当していた仕事の流れや作業内容などをわかりやすく記載してください。




お世話になった人たちへの挨拶まわり


退職当日における最後の仕事は、今までお世話になった人たちへの挨拶まわりです。

同僚だけでなく、看護部長にもしっかりと挨拶をしましょう。日頃忙しい職場の場合、挨拶へ訪れるタイミングは難しいですが、事前に看護師長に相談しておくと、スムーズに実施できると思います。

また看護部だけではなく、医師や他の関係部署、担当していた患者さんなどにも、挨拶をしておきましょう。




退職時に返却するもの


退職時には今まで着用していたユニフォームや病院の備品などを返却することになります。

また、病院を退職した時点で保険組合からも離脱することになるため、健康保険証も返却してください。




退職時に受け取るもの


病院施設を退職する際に、雇用保険被保険証を受け取ります。この雇用保険被保険証は次に勤務する職場へ提出する必要があります。

退職した後にすぐに働かない場合には離職票を貰ってください。離職票は失業保険の給付手続き時に必要な書類となります。

あなたの状況に合わせて、早めに手続きを済ませておくことをお勧めします。




社会保険の手続き


退職をする際は社会保険などの手続きを実施する必要があります。

病院などの組織に勤務している時には、毎月の給料から自動的に天引きされているので、社会保険料や税金などに関してそれほど意識することはなかった思います。

退職後に転職先が決まっていて間隔を空けずに働き始めるという場合は、退職前に必要な書類を受け取って、新しい職場の総務や事務担当者などに渡せば、代わりに手続きを行ってもらえるのでそれほど気にすることはありません。

一方で、転職先がまだ決まっていない、あるいは、少し休暇を取ってリフレッシュしてから働き始めようなどと考えている場合は保険や年金、税金などの手続きを自分で行わなければいけないので、その点は覚えておいて下さい。




良識ある社会人として円満退職をしよう


このように看護師を退職する際にはさまざま手続きが必要となります。

「立つ鳥跡を濁さず」という諺もあります。今回紹介した内容を参考にして、ぜひ良識ある社会人として適切な行動・振舞いをして円満退職を実現してください^^









おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


ジョブデポ看護師
ジョブデポ看護師

お得!最大40万円の祝い金が貰える看護師転職サイト

ジョブデポ看護師は全国約2万人の看護師や准看護師などが利用している看護師専門の転職サイトです。求人案件も豊富で8万件以上の案件(非公開もあり)が用意されています。ジョブデポ看護師に登録して無事に転職を実現した方には最大40万円の祝い金を貰うことができます。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報