医師会立助産師・看護師・准看護師学校養成所調査

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

平成27年医師会立助産師・看護師・准看護師学校養成所調査の結果が公開


2015年8月18日、日本医師会が今年の5月に実施した「平成27年医師会立助産師・看護師・准看護師学校養成所調査」の結果を公表したというニュースが届きました。

この調査は、医師会立の助産師・看護師・准看護師学校養成所に関する入学・卒業状況の実態把握を目的として毎年実施してされているものです。



日本医師会
(日本医師会の公式サイト)





スポンサーリンク






学校養成所数の変化


今年度においては352校から調査の回答を得ることができました。今年度募集を実施した学校数は、准看護師課程が188校、看護師2年課程が76校、看護師3年課程が68校、助産師課程が6校となりました。

准看護師課程と看護師2年課程は減少傾向が続いていて、5年前の調査結果と比較すると准看護師課程は17校減、そして看護師2年課程は8校減となっています。

また、看護師3年課程は57校から68校と増加傾向にありますが全体の学校数は減少しています。





入学状況


気になる入学状況の結果は下記のとおりです。

准看護師課程
准看護師課程では、生徒募集を実施した学校数自体は昨年と変わりませんが、大規模校等の定員減によって、定員は118名減少しています。

また、応募者は平成23年度をピークにして徐々に減少傾向となっていて、今年度は約1万8,900人と昨年度から約3600人減少しました。平均倍率は2.2倍と、昨年度の2.6倍から低下しています。

看護師2年課程
看護師2年課程では、平成22年度の調査結果と比較して8校減少、定員に関しては534人減少となり、初めて看護師3年課程の定員を下回る結果となりました。平均倍率においては1.4倍で、ここ数年は横ばいの状態が続いています。

看護師3年課程
看護師3年課程では、学校数自体は年々増加しているのですが、平成26年度から応募者がやや減少傾向となっていて、平均倍率は3.4倍となりました。

助産師課程
助産師課程では、学校数は6校で増減はありませんでした。また、平成22年度と比較して応募者が減少傾向ですが平成24年度以降は横ばいとなっていて、平均倍率に関しては2.7倍です。





卒業後の進路


准看護師課程
准看護師課程の場合、進学をせずに県内の医療機関などに就業した方が約4割となっています。准看護師課程の場合は進学を志す方々が多く、今年度の進学率は46.9%となりました。進学者の中の半数以上が医療機関に就業しながらの進学となっていて、全体の7割以上が就業して地域の医療を支えているという事実が判明しました。

看護師2年課程・看護師3年課程
看護師2年課程と看護師3年課程の場合は8割以上が県内に就業しています。また、全国の卒業状況(平成26年3月)においては、全国の2年課程の県内就業率が66.5%、3年課程の県内就業率が77.5%となっています。

助産師課程
助産師課程の場合は他の課程と比較して県外就業率が28.1%と高い割合を示しています、養成所自体が少ないことから、医師会立の助産師養成所は貴重な養成の場となっていることが伺えます。





入学者の最終学歴


入学者の最終学歴に関しては、准看護師過程は約5割が高校既卒で、約3割が高校新卒、そして大卒・短大卒は16.5%となっています。

また、看護師3年課程においては高校新卒の割合は約6割以上で、年々増加傾向にある一方で、高校既卒や大卒・短大卒は減少傾向で今年度は13.4%に止まりました。





依然として准看護師養成所の減少傾向が続く


今回の調査結果から言えることは、准看護師課程の定員の減少や来年度以降の募集停止を決めている学校も存在するなど、依然として准看護師養成所の減少傾向が続いている状況だということです。

准看護師として勤務する方々は地元への定着率が非常に高い傾向があり、特に中小病院や有床診療所、無床診療所などでも非常に大きな役割を果たしています。

近年、地方の病院施設の看護師不足が深刻化している中、准看護師を養成していくことは非常に重要だと思います。

そのため、国レベルでも補助金の増額や各種規制の柔軟な運用をしてもらいたいですね!








おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


マイナビ看護師
マイナビ看護師

マイナビが運営している看護師転職サイト

総合転職サービスとして人気の『マイナビ』が運営している看護師のための転職支援サイトです。全国各都道府県の求人をカバーしているので数多くの好条件求人を取り扱っていて、あなたの満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報