デイケアでの看護師の仕事

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

デイケアでの看護師の仕事とは?業務内容や役割、メリット・デメリット


最近、看護師の職場としてデイケアが注目されています。

デイケアでは、専任の常勤医師や介護職員、リハビリテーション職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、そして看護師が配属されています。

今回はデイケアで勤務する看護師の業務内容や役割、メリット・デメリットについてわかりやすく紹介していこうと思います。


デイケアで勤務する看護師



スポンサーリンク





デイケアの特徴


デイケアは高齢者向け精神科向けの2種類に大きく分類されています。どちらも施設内で利用者同士が交流するということが大きな運営目的となっています。

例えば、昼間にレクリエーションなどを楽しみながら他の利用者とコミュニケーションをとることによって社会復帰や入院予防を目標としています。

老人向け
介護老人福祉施設や在宅サービスセンターで実施されるデイサービスと介護老人保健施設で実施されるデイケアが存在します。

精神科向け
精神保健福祉センターや公立デイケアセンター、精神科が設置されちえる医療機関、保健所、市町村で運営されています。





デイサービスとの違い


看護師の中にはデイサービスと同じものだと勘違いしている方もたくさんいます。

デイサービスは「通所介護」と呼ばれていて、施設に通いながらレクリエーションや機能訓練を実施したり、食事、入浴サービスなどのサービスを提供する施設を指します。体調管理や日常生活支援が必要な人に向いています。

一方、デイケアは「通所リハビリテーション」と呼ばれていて、介護老人保健施設や病院などに通いながら、担当医の指示に基づいて、理学療法や作業療法、言語聴覚療法などによるリハビリテーションを実施していく施設のことを指します。

デイサービスとは異なり、デイケアでは必ず職員として医師が配置されることになります。

どちらのサービスにおいても、食事や入浴、機能訓練を提供しています。

しかし、デイケアはリハビリテーションが主な利用目的となるので、デイサービスと比較して食事や入浴のサービスが簡素化されているケースも多々あります。

一方、デイサービスは生活支援が主な目的になるので、デイケアを比較して機能訓練が少ないケースもあります。


看護師



デイケアの利用対象者


デイケアの利用対象者は、ある程度病状が安定していて自宅で過ごしている要介護者ですが、認知症や脳卒中による後遺症などがある人なども利用することができます。

主な利用対象者は下記のとおりです。

1)脳卒中やパーキンソン病などによって身体機能に障害がある方

2)認知症や異常行動、理解力の低下などが見られる方

3)ADLの維持・回復が必要だと診断された方

4)摂食・嚥下障害などがあり、口腔機能が低下している方

5)言語障害があり、コミュニケーション能力が低下している方

6)低栄養で体力面での低下が見受けられる方

7)自立した生活を送るためにIADLの向上が必要な方


などといった要介護者が利用対象となっています。





看護師の役割


看護師は、医師だけでなく介護やリハビリテーション職などのスタッフと連携をとりながら、看護の視点で利用者をサポートする役割が求められます。

利用者がデイケア内でどのように過ごしているかを観察するだけではありません。

家族からも家庭生活の聞き取りをするなどしながら、利用者が「何に対して困っているのか?」、「どのような動作が生活の支障になっているのか?」などの情報収集して、リハビリテーション職や介護職員との間で情報を共有していきます。

さらに、レクリエーションなどにおける活動に関しては、利用者の状態に合わせて適切な対応が必要となります。

担当者には活動する際の注意点を、そして医師には体調の変化について報告・相談しなければなりません。





業務内容


実際にデイケアでの勤務経験がない看護師の場合は介護がメインの仕事と考えている方々もたくさんいます。

しかし、デイケアで求められる看護師の業務は、利用者が日常生活を快適に過ごすためのサポートをすることが重要となります。

基本的に利用者の健康管理が中心となり、一般病院のように医療的ケアを行う機会は少ないです。

主にバイタルチェックが中心となるため、特別な看護技術は必要ないですが、その一方で豊富な臨床経験が求められる職場と言えます。

ある特定の利用者だけ担当するのではなく、デイケアを利用する方々全員の体調に気を配りながらコミュニケーションをとりつつ、常に洞察力を持って体調の変化や異常などの様々な異変に気づくことが求められます。

またデイケアの中でも、各施設によって業務内容や範囲が大きく異なります。そのため、臨機応変に幅広い発想を持って働けることも重要なスキルだと言えます。


看護師のデイケア業務




メリット


看護師がデイケアで勤務することに関する一般的なメリットを紹介します。

夜勤がない
正社員で常勤として働く場合でも夜勤がなく、平日・日勤のみとなっているので基本的に規則正しい勤務時間で働くことができます。(※完全週休二日制となっています)

そのため、プライベートの時間を確保しやすいので結婚している方や育児をしながら働きたいという方に適しています。


穏やかな環境で勤務できる
一般的な病院施設のようなハードで緊迫した雰囲気の中で勤務することはなく、穏やかな環境の下で勤務することができます。

精神的・肉体的な疲労を抱えて悩んでいる看護師などにはお薦めの職場と言えます。





デメリット


一方で、看護師がデイケアで勤務する際のデメリットは下記のとおりです。

夜勤を受け持つ看護師よりも給与が少ない
夜勤がないということで夜勤手当が付かないので、一般的な病棟勤務で夜勤を担当している看護師よりは給与は少なくなります。

各施設によって多少異なりますが、月20万円~30万円程度で個人クリニックの給与水準と同程度となっています。


看護師としてのスキルアップが難しい
看護業務に携わるケースが少ないので、看護師本来のスキルを磨くことは難しい環境といえます。

また、看護業務以外の業務(配膳や下膳など)なども幅広く担当することになります。


平日の休みが取り難い
基本的に看護師1名体制の施設が大半であるため、休日以外の休暇を取り難いです。同じ看護師として勤務する方がいないので、





デイケアにおける看護師のニーズは拡大中


近年の高齢化社会が進んでいる中で、デイケアにおける看護師のニーズは社会的意義があるだけでなく、さらにニーズも拡大していくことが予想されています。

最近では各看護師の転職サイトでもデイケアの求人数は増えています。

一度デイケアで勤務してみたいと考えている方は、看護師の転職サイトで探すことをお勧めします。上手に転職サイトを活用してあなたの希望する職場を見つけてください。








おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


ジョブデポ看護師
ジョブデポ看護師

お得!最大40万円の祝い金が貰える看護師転職サイト

ジョブデポ看護師は全国約2万人の看護師や准看護師などが利用している看護師専門の転職サイトです。求人案件も豊富で8万件以上の案件(非公開もあり)が用意されています。ジョブデポ看護師に登録して無事に転職を実現した方には最大40万円の祝い金を貰うことができます。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報