消化器外科で勤務する看護師

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

教えて!消化器外科で勤務する看護師の業務内容や役割とは?


私達、人間が毎日健康に生活していくためには、必要なエネルギーを定期的に吸収しなければいけません。

エネルギーを得るために摂取した食べ物を消化・吸収・排泄する消化器に病気が発生した場合、手術によってそれを治療して健全な状態に戻す役割を担う診療科が消化器外科です。

今回は消化器外科で勤務する看護師の業務内容や役割、他の診療科と比較したメリット・デメリットなどを詳しく紹介していきます。


消化器外科で勤務する看護師



スポンサーリンク





各病院によって表記方法が異なる


消化器は、食道と胃・十二指腸、小腸・大腸、肛門、肝臓、脾臓、胆道、膵臓に分類されます。

一般的には、これらをまとめて「外科」と表示している病院が多いのです。

しかし最近では、「消化器外科」と表示する病院も増えてきています。

さらには「食道胃外科」や「胃腸外科」、「肝胆膵外科」などと細かく表示している病院も存在します。

病院



業務内容・役割


消化器外科の職場は病棟と外来の2つになります。消化器外科専門のクリニックは基本的には存在しません。

主な業務内容

消化器外科においては、清潔ケアや食事介助、点滴、採血、バイタルサインのチェック、診療の補助などの基本的な看護業務だけではなく、さらにオペ前後の処置や説明、指導などの業務が加わります。

消化器外科に入院する患者さんの大半は手術を行うことになります。そのため、手術に対して不安を持っている患者さんの不安を取り除くために、実施する手術の内容などを詳しく説明することも求められます。

さらに手術後においては痛みを感じたり、術後の合併症が起こる恐れもあるので、患者さんの容態を常にチェックしなければいけません。


食事指導や投薬管理なども担当

また、患者さんの食事指導や投薬管理なども担当します。患者さんの症状に応じた適切な治療食の説明・指導や、食事内容を適切に選択する必要があります。

そして、常に患者さんの食事摂取状況と症状を確認して担当医師へそれらの情報を提供します。


患者さんへの精神的なケアも大切な業務

消化器外科で実施される開腹手術は患者さんにとって大きな出来事となります。

疾患や手術を実施することに対する不安から、不眠や鬱状態となってしまう患者さんも大勢います。

さらには、医師から実際にお腹を開けて確認しないと症状が詳しくわからないと告げられたり、実際に手術をした後の治療方法が大きく転換することもあります。

このような患者さんのストレスや不安に配慮して、精神的なケアを実施することも消化器外科の看護師の大切な業務の一つです。


消化器外科



気になる給料水準


消化器外科で勤務する際に特別な手当などは付与されません。基本的に他の診療科と変わらない一般的な給与水準となっています。

外来勤務の場合は月20~25万円程度、夜勤ありの病棟勤務の場合は月25~30万円程度が平均的な消化器外科勤務の看護師の給料です。

もちろん、残業などをする場合は基本給に残業手当がプラスされます。




消化器外科で勤務するメリット


消化器外科で勤務する看護師の主なメリットは下記のとおりです。

やりがいを感じられる職場

手術後の患者さんの容態を確認しながら適切な処置を施すことで、無事に体調が回復して元気に退院する患者さんの姿を見る際は一生懸命看護してよかったと思える最高の瞬間です。

看護師として成長していることを実感できる

外科的処置や血液培養採血、チューブ類の管理、さらには輸液ポンプや人工呼吸器などのさまざまな医療機器管理に関わることができる診療科です。

覚えることはたくさんありますが、スキルを身に付けていく度に看護師として成長していることが実感できるメリットがあります。


看護師



消化器外科で勤務するデメリット


一方、消化器外科で勤務する看護師のデメリットは下記のとおりです。

看護師として無力感を抱くことがある

消化器外科に入院する患者さんの中には症状の重いがん患者さんなどもいます。

そのため、どんなに一生懸命対応しても命を落としてしまう患者さんも存在します。そのような場面に遭遇してしまうと、看護師として無力感を抱くこともあります。


ハードな職場環境

入院患者さんの対応や手術のオリエンテーション、さらには手術前後の看護を担当するために1日の業務は非常に慌ただしくなることが多いです。

ハードな職場環境となるため、他の診療科と比較して離職率も高い傾向があります。


医師と看護師の間で上下関係が強い現場も存在する

病院によって異なりますが、医師と看護師の間で上下関係が強い現場も存在します。

外科医は手術や処置、回診、カンファレンスなど数多くの業務を抱えていて、看護師に対してキツイ言い方をしたり、時には不条理に怒られたりすることも多々あります。


看護師



消化器外科の看護師に求められる適性



一般的に消化器外科は精神的なケアを重視して勤務したいという方に向いていると言えます。

がん治療などにおいてストレスを抱えている患者さんに対して、できる限りストレスを取り除くケアを実施することは、消化器科で勤務する看護師にとって大切なスキルとなっているためです。

また、消化器外科ではがん看護を深く学ぶことができるため、がん看護に興味のある人にお薦めです。

日々の業務でがん看護を学んでスキルアップしていけば、認定看護師や専門看護師としてキャリアを積んでいくことも可能となります。

このように、消化器外科の職場は看護師としてやりがいのある診療科の一つです。あなたも消化器外科で勤務してみませんか?







おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


ジョブデポ看護師
ジョブデポ看護師

お得!最大40万円の祝い金が貰える看護師転職サイト

ジョブデポ看護師は全国約2万人の看護師や准看護師などが利用している看護師専門の転職サイトです。求人案件も豊富で8万件以上の案件(非公開もあり)が用意されています。ジョブデポ看護師に登録して無事に転職を実現した方には最大40万円の祝い金を貰うことができます。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報