救命救急センターに勤務する看護師

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

肉体的・精神的にも過酷!救命救急センターに勤務する看護師の業務内容や年収


救急救命センターをテーマにした「救命病棟24時」や「ER(海外ドラマ)」などのテレビドラマが放映されたこともあり、救命救急センターへの配属や転職を希望する看護師も増えています。

しかし実際に勤務してみると、テレビで見た仕事のイメージと現実の仕事の過酷さとのギャップに悩む看護師もたくさんいます。

今回は救命救急センターで勤務している看護師の業務内容や適性、年収などについて詳しく紹介しています。


救命救急センター



スポンサーリンク





原則24時間体制で運営


救命救急センターは、日本全国で約200か所以上運営されています。

原則24時間体制で患者さんを受け入れることができる施設として、地域における救急医療には欠かせない存在となっています。

生命の危険がある重篤・重症な患者さんに高度な医療を提供するため、人工心肺装置や人工呼吸器など最新の医療機器が導入されているのも大きな特徴と言えます。

最近では、より高度な救急医療を提供することができる高度救命救急センターや新型救命救急センター、さらには地域救命救急センターなどに細分化されてきています。




患者さんの救急レベルに応じてランク分け


救命救急は、患者さんの救急レベルに応じてランク分け(1次・2次・3次)されています。


1次救急

1次救急は、入院する必要がない状態で外来診療だけで対応して、診療後には帰宅できる患者さんのみ対応する医療機関です。


2次救急

2次救急は、一般病棟への入院が必要な中等症患者(肺炎など)に対応する医療機関です。病院によって対象範囲が微妙に異なります。


3次救急

3次救急は、2次救急で対応することが困難とされる重症患者さん(心筋梗塞、脳卒中など)に対応する医療機関です。複数の診療科が互いに連携する形で高度な医療処置を施します。

通常、3次救命に認定されている病院においては、高度救命救急センターを併設しています。中にはドクターヘリ対応な可能な病院も存在します。

高度救命救急センターでは、より高度な専門的知識や技術を持つ救急看護のスペシャリストである認定看護師が活躍しています。


看護師



あらゆる医療に関する知識を必要とする職場


看護師にとって救命救急センターでの仕事は特別なものです。

命の危機に直面している患者さんと接する機会も非常に多く、最新の医療技術と深く広い知識・スキルが求められる過酷な職場と言えます。

毎日異なる症状の患者さんに適切かつ迅速な対応を施さなければいけない看護師には、強いやる気と精神力、さらには体力が必要になります。

外科、内科、循環器、神経、心臓、整形外科などの領域を超えて、あらゆる医療に関する知識を必要とする職場です。




看護師の業務

救命救急センターで勤務する看護師の主な業務は下記のようなものが挙げられます。

患者さんへのケア

救命救急センターの看護師の業務は、主に医師の診療の補助、清潔ケアや口腔ケア、体位変換などを受け持ちます。さらに全身管理を実施したり、異常の早期発見と医師への報告などをも担当します。

また、院内で特別な教育・訓練を受けていたり経験が豊富な看護師には、除細動や酸素療法の開始、酸素量の調整、抹消静脈確保のための輸液等も任されるケースもあります。

多くの患者さんが意識不明だったり、全身管理目的で鎮静剤の投与をしている状態で運ばれてくるので、患者さんと直接コミュニケーションを取ることができないことや、懸命に治療を施しても亡くなってしまう患者さんも少なくないことも他の職場との大きな違いです。


患者さんの家族へのケア

また、患者さんの家族の精神的なケアサポートも重要な仕事です。患者さんの家族の方は、突然のことで動揺しているケースが多いです。

担当医師からの病状の説明も聞けるような精神状態でない場合もあります。

今後の患者さんの治療方針を決めるためにも家族の心を落ち着かせる精神的なケアを施すことも看護師の大切な役割となっています。


救命救急センターで勤務する看護師



気になる年収


救命救急センターで勤務する看護師の給料は諸手当を含めて平均30万円~40万円です。

各病院によって多少異なりますが、年収に換算すると400万円~500万円程度となっています。

新人看護師の場合は平均より下回り年収400万円に届かないケースもあります。

他の職場と同様に、経験とスキルを積み重ねることで年収がアップしていく仕組みになっています。


お金



救命救急センターで働くためには・・・


救命救急センターは基本的に人手不足となっているので、救命がある病院に入職して希望を出せば高い確率で配属されることが多いです。

新卒でも勤務することは可能ですが、命の危機に瀕している患者さんが運び込まれてくる職場ということで、職場内は非常にピリピリしている状況になっていて、なかなか先輩や上司から教えてもらえる機会や暇がありません。

あらゆる症状の患者さんが運ばれてくるので勉強するにしても、どこから勉強すればわかないくらいです・・・(汗)

そのため、実際に新卒で救命救急センターに勤務してきた看護師の大半はドロップアウトしていきます。肉体的に過酷というだけでなく、精神的にも非常タフでないと務まりません。

そのため、もしあなたが救命救急センターで働きたいと考えているなら、まずはさまざまな診療科で勤務して経験と知識を積み重ねてスキルを磨きあげてから、救命救急センターに異動を願い出ることをお勧めします。





救命救急センターへ転職する際の注意点


救命救急センターへ転職を希望する場合は、看護師として大体3年以上の勤務経験が必要であると募集要項に記載されていることが多いです。

1次・2次・3次の救急救命の中でもより高度な医療処置ができる3次救命救急の求人が人気です。また、同じ3次救命救急の求人であっても、病院によって運営方針が大きく異なります。

例えば、キャリア重視なのか、適性なのか、チームプレーなのかによって求められる人材は違います。

救命救急センターへの転職を希望する際は、その病院がどのような人材を求めれているかを確認してから応募するようにしましょう。






おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


ジョブデポ看護師
ジョブデポ看護師

お得!最大40万円の祝い金が貰える看護師転職サイト

ジョブデポ看護師は全国約2万人の看護師や准看護師などが利用している看護師専門の転職サイトです。求人案件も豊富で8万件以上の案件(非公開もあり)が用意されています。ジョブデポ看護師に登録して無事に転職を実現した方には最大40万円の祝い金を貰うことができます。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報