手術室看護師

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

手術室看護師の気になる業務内容とメリット・デメリット


手術を実施する際は、外科医(執刀医)や介助医(助手)、麻酔科医、臨床工学技士、看護師などのメンバーでチームを構成して実施されます。

この手術を実施するメンバーに選ばれた看護師のことを「手術室(オペ室)看護師」と呼びます。

手術室看護師は、執刀医のサポートや手術を受ける患者さんのケアを施す役割を担います。病院内では略して「オペ看」とも呼ばれることがあります。

看護師免許の他に特別な資格を取得する必要はありません。つまり看護師なら誰でも手術室看護師として働くことができます。


手術室看護師



スポンサーリンク





手術室看護師の業務


手術室看護師の業務は「器械だし(直接介助)」「外回り(間接介助)」に大きく分類されます。

器械だし

手術がスムーズに進んでいくように、必要な医療器具や機材をタイミングよく医師に手渡すことが主な役割です。

手術前には滅菌シーツをかけた器械台に滅菌された器械・器材をセッティングして、定数が揃っているか、破損・欠損がないかを確認します。

手術中におけるメスなどの医療器具を手渡すタイミングは医師によって異なります。

また、使用する医療器具や機材は手術内容によって異なるので、一人前の手術看護師になるためには最低でも2~3年程度はかかると言われています。


外回り

器械だし以外の全ての業務を指します。例えば、手術を担当するメンバー同士で顔合わせをして患者さんのアレルギー等の注意事項を確認します。

また、手術前訪問で患者さんとコミュニケーションを図りながら、安定した精神状態で手術が受けられるようにサポートすることも看護師の重要な役割です。

外回りの業務に関しては、患者さんの安全の確保や急変時の対応、手術チームや他部署との連携など役割が多岐に渡るため、ある程度手術室での経験を積んだベテラン看護師が担当するケースが多いです。





勤務体制


基本的に手術は平日の日中に実施する病院が大半なので日勤となります。

手術室には緊急時に備えて日勤の残り番や夜間待機の当直当番があり、手術が長時間に渡ればメンバーを交替することもあります。

しかし、定時を過ぎて残り番や当直看護師と交替したとしても、定時を越えた手術がいくつか予定されていれば、そのまま日勤の医師や看護師も残業となるため、勤務終了時刻が予測できません。





休日時に緊急出勤がある


手術室看護師には土日祝日等にオンコール当番(自宅待機や病院待機など病院によって異なります)制度があり、緊急の手術が必要な場合は朝・昼・夜に関係なく呼び出される仕組みになっています。

病院からオンコールがあれば、いつでもすぐに駆けつけられるように準備していないといけません。

休日は基本カレンダー通りとなっているので、友人や家族とは休日が合いやすく、一緒に遊びに行くなどの計画は立てやすいです。


手術室



男性看護師が多い職場


男性看護師が多く活躍している職場としても知られています。

手術における手順の先読みや瞬時の判断が要求される手術室では、女性よりも男性の方が適応しやすいと言われています。

また、手術内容によって長時間に及ぶケースも珍しくないため、医師同様、手術室看護師にはかなりの体力が要求されることも男性看護師がたくさん活躍している理由の一つです。





手術室看護師になるメリット


スキルアップにつながる
手術で使用する器具や機械などを覚えられるだけでなく、解剖学を実際の現場で学ぶことができます。さらに手術の内容や流れなども習得することができるので、その後一般病棟の勤務に移った際も看護を行う上で手術室看護の経験が確実に役に立ちます。

やりがいを感じられる
緊張感のある手術の現場で、執刀医のサポートをしながら患者さんの命を預かる仕事に携わることに、大きなやりがいを感じることができます。

基本的に夜勤がない
上述しているように、基本的に日勤のみとなっているので生活リズムを整いやすく、休日は友人や家族と一緒に過ごすことができます。


看護師



手術看護師になるデメリット


常に勉強する必要がある
医療の世界は常に進歩していくので、手術方法や最新の医療器具・機器などの情報を継続して収集する必要があります。

仕事の責任が重大
ミスが許されない職場で日々仕事をしていかなければいけないので、精神的なプレッシャーが大きく圧し掛かります。

患者さんと直接コミュニケーションがとれない
担当した患者さんと直接コミュニケーションを取る機会が少ないので、手術に携わった患者さんが順調に回復しているかどうかも実感することができません。患者さんとじっくりと向き合って看護をしたいという方には適していない職場だと言えます。





手術室看護師を目指すなら


手術室看護師になりたい方の中に経験がないことを不安に感じる方もいますが、特に何かの経験があったから役に立つといった職場ではないので、それほど気にすることはありません。

手術室看護師として勤務したいなら、まずはあなたが勤務している職場で異動願いを申請しましょう。

もし現在の職場で手術室に異動することができない場合やそもそも手術室がない場合は、看護師専門の求人・転職サイトに登録して転職を考えましょう。

他の科と比較すると求人の数が少ないので、個人で求人を探すのは大変だと思います。

そのため、転職を考える際はサポート体制が充実している求人・転職サイトに登録することをお勧めします^^











おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


マイナビ看護師
マイナビ看護師

マイナビが運営している看護師転職サイト

総合転職サービスとして人気の『マイナビ』が運営している看護師のための転職支援サイトです。全国各都道府県の求人をカバーしているので数多くの好条件求人を取り扱っていて、あなたの満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報