放射線科に勤務する看護師

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

放射線科に勤務する看護師の仕事内容やメリット・デメリット


診療科の中で最先端の医療技術の恩恵を受けているのが放射線科です。

そのため、医師、技師、看護師などチームを構成している全員が最新の知識と技術を身に着けていなければ、患者さんの治療に役立てることはできません。


放射線科



スポンサーリンク





放射線科とは・・・


放射線科における看護師の業務は放射線によって検査を行う診断部門と核医学検査部門、治療部門の3つに分類されます。

診断部門

レントゲン造影や消化管造影、血管造影、CT、MRI、超音波検査などが行われます。

また、IVR(血管内治療、カテーテル検査)を活用した血管塞栓術による緊急止血や、ステント留置による血管拡張術、さらには血栓溶解や肝細胞がんの治療なども実施されます。


核医学検査部門

心疾患や脳血管障害の診断に役立つSPECTやガンを早期発見できるPETなどの検査を実施しています。

核医学診断においては、微量の放射線を出す放射性医薬品を体内に投与して、身体の状態を画像や数値でチェックするインビボ検査と、採取した血液や尿などの試料を試験管内で試薬と反応させて、ホルモンなどの微量物質を測定するインビトロ検査などが活用されています。


治療部門

放射線治療科では検査だけでなく治療も実施します。検査においては上記の画像診断部門と同様です。

一方、治療においては放射線を強く照射して、疾患の原因となっている部位を除去するのが基本的な治療方法です。

放射線治療科で対応するのは主にガン治療です。手術や抗ガン剤治療の前に、あるいは手術や抗ガン剤治療と並行しながら放射線による治療を実施していくことになります。


病院



仕事内容・役割


放射線技師や放射線科医が中心になり、チームとして検査が実施されます。

看護師の仕事としては、医師や技師と連携して、スムーズに検査を実施できるようにサポートをすることが求められます。

また検査のサポートだけではなく、放射線治療の作用・副作用をわかりやすく説明して、不安を抱いている患者さんとその家族に納得してもらうことも看護師の役割です。

例えば、検査前に必要な検査器具を準備したり、検査の前後に患者さんとその家族に対して検査内容を説明して、しっかりと納得してもらうように対応していきます。

また、IVRの介助では、物品や薬剤の準備をして医師の治療の介助を行うだけでなく、患者さんのモニタリングや感染管理に注意する必要があります。




放射線科で勤務するメリット


放射線科で勤務する看護師の一般的なメリットは下記のとおりです。

日勤のみで残業も少ない

基本的に外来勤務となるので、夜中に検査を実施したり放射線治療などを行うことはありません。そのため、日勤のみで残業も少ない職場だと言えます。


専門知識が身につく

勤務経験が長くなるにつれて、放射線に関する専門的な知識や経験を身につけることができます。


給与が高め

放射線という専門領域で勤務することになるため、一般の日勤で働く看護師の中では給与が高額に設定されている病院施設も存在します。


看護師



放射線科で勤務するデメリット


一方、放射線科で勤務する際に考えられるデメリットは下記のとおりです。

日々勉強することがたくさんある

放射線に関する専門知識を習得する必要があるため、日々勉強することが多くて負担に感じる看護師もいます。


夜勤担当の看護師よりも給与が低い

日勤のみの看護師よりも給与は高額に設定されているケースが多いですが、夜勤手当がつかないので、夜勤担当の看護師よりも給与が低くなることが多いです。


被曝する可能性はゼロではない

勤務中に被曝する可能性はゼロではありません。

しかし、放射線科のチームは定期的に被曝のチェックを実施していて、万が一被曝してしまった場合にはスムーズに治療できるような環境が整っているので、それほど心配する必要はありません。


看護師



放射線科で活用できる資格


放射線科で活用できる看護師の資格として、「認定IVR看護師」「がん放射線療法看護認定看護師」が知られています。

認定IVR看護師

IVRの専門知識と看護技術を兼ね備えた人材を育成するために日本IVR学会が認定している資格です。

受験するためには、1)看護師免許を有すること 2)学会専門医の下で5年間で100例以上のIVR看護経験を有すること 3)学会主催の講習会に2年間で1回以上参加していることなどの要件を満たさなければいけません。

また、5年毎に更新手続きがあり、指定された学会やセミナーに参加して、更新に必要な単位を取得する必要があります。


がん放射線療法看護認定看護師

がん放射線療法が安全・確実に継続できるように、治療を受ける患者さんとその家族に適切な看護ケアを提供することを目的に、日本看護協会が1997年に創設した認定看護師の資格制度の一つです。

受験するためには他の認定看護師資格と同様に、看護師資格取得後の実務研修が通算5年以上で、うち通算3年以上は特定の認定看護分野の実務研修をしていること、そして日本看護協会が認定している「認定看護師教育課程」を修了していることなどの諸条件をクリアしている必要があります。


病院



放射線科の求人状況


放射線科は比較的大きな病院や大学病院に設置されている診療科目です。小さなクリニックなどには放射線科は存在しません。

また、放射線科専門で勤務している看護師は少ないです。他の診療科と兼任しているケースが多いので、求人数自体が少ないのが現状です。

そのため、放射線科の求人を個人の力で見つけるのはなかなか難しいと言えます。

どうしても放射線科で働きたいという場合は、看護師の転職サイトに登録して、コンサルタントにあなたの希望を伝えて求人を探してもらうことがお薦めです。

医療業界に精通しているコンサルタントも大勢いるので、あなたの力になってくれると思いますよ^^










おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


ジョブデポ看護師
ジョブデポ看護師

お得!最大40万円の祝い金が貰える看護師転職サイト

ジョブデポ看護師は全国約2万人の看護師や准看護師などが利用している看護師専門の転職サイトです。求人案件も豊富で8万件以上の案件(非公開もあり)が用意されています。ジョブデポ看護師に登録して無事に転職を実現した方には最大40万円の祝い金を貰うことができます。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報