リハビリテーション科で勤務する看護師

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

チーム医療で対応!リハビリテーション科で勤務する看護師の役割や業務内容


リハビリテーション科は、骨・筋肉・神経などの運動機能、さらには精神的な障害によって日常生活を送ることが困難になっている患者さんを対象に看護を実施する診療科です。

近年の目覚ましい医療技術の発展によって救命・治療できる疾病の数は増えてきていますが、それに伴い、病気の後遺症や慢性疾患に対するケアを実施していくことも非常に重要になっています。

主に、脳血管障害や脊髄損傷、脳挫傷、脳性麻痺などの神経系の異常による障害が治療の対象となっています。

さらには骨折や靭帯損傷、変形性関節症、慢性関節リウマチなどの骨関節疾患・外傷を患った患者さんもリハビリの対象となります。


リハビリテーション科の看護師



スポンサーリンク





チーム医療で対応


リハビリテーション科においては医師の指導の基、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの専門分野のスタッフと連携しながら、質の高いチーム医療を目指していきます。

看護師は患者さんやその家族と接する時間も多いという特色を活かして、患者さんや家族の心理的サポートを担当します。

チーム内における個別のカンファレンスでは、看護師は患者さんのリハビリ計画について話し合う際などにおいて中心的な役割を果たすことが求められています。

そのため、情報収集・処理能力やコミュニケーション能力といったスキルが必要となります。


看護師



リハビリテーションの種類


リハビリテーションは大きく急性期リハビリテーションと回復期リハビリテーションに分類されます。

急性期リハビリテーション

発症してから早い段階で実施されるリハビリが急性期リハビリテーションです。一般的には発症してから2週間~1カ月程度の時期に相当します。

全身状態が十分に安定していない患者さんが多いため、リスク管理をしっかりと行いながら、廃用症候群の予防や早期離床、機能回復、基本動作の練習をすることなどが主な目的となります。


回復期リハビリテーション

日常生活動作(ADL)の改善を目的としたリハビリを集中的に行うのが回復期リハビリテーションです。

急性期リハビリテーションが終了した後、患者さんの疾患管理に気を付けながら退院後の生活を念頭に実施されるリハビリテーションです。

特に回復期においては、集中的にリハビリを実施することによって障害が効率よく改善する時期と言われています。





リハビリテーション科で勤務する看護師の役割


リハビリテーション科で勤務する看護師の役割は実に様々です。

患者さんの機能回復を目指す

患者さんの機能回復を目指して、主に機能訓練を行うのがリハビリテーション科です。

看護師は患者さんの気持ちに寄り添い、前向きにリハビリに取り組めるように働きかけることが大きな役割となります。


患者さんのペースを大切にする

患者さんの機能レベルに合わせて、なるべく患者さん自身で身の周りのことを行うよう促していきます。思うように身体が動かず、時間がかかってしまうことは多々あります。

しかし、看護師が急がしたりしてしまうと、患者さんのリハビリに対する意欲喪失につながる恐れがあります。

特にリハビリテーション科では患者さんのペースを大切にします。看護師はあくまで見守りに徹して、必要に応じて介助を行うのが基本スタンスです。


基本的な看護業務

当然のことですが、リハビリ業務だけではなく、日常的な患者さんのサポートも担当します。

毎朝病室を回りながら、シーツの交換やベッド回りの環境を整えたり、食事や入浴の介助、おむつ交換などの業務も行います。


リハビリテーション科



リハビリテーション科で勤務するメリット


ここでは、リハビリテーション科で勤務するメリットを紹介します。

患者さんの回復具合が実感できる

患者さんがリハビリを重ねることで徐々に回復していく姿をずっと見守ることができる点です。

日常生活ができるまでに回復した際には看護師として大きなやりがいを感じることができます。


幅広い知識が見につく

理学療法士や作業療法士などの専門スタッフと一緒に業務を担当することになるので、一般的な看護師と比較して幅広い知識が習得できたり、視野が広がるといったメリットがあります。


比較的残業が少ない

リハビリテーションで入院している患者さんは急性期を過ぎた方々が多いので、体調が急変する恐れはほとんどありません。

そのため、患者さんの容態が急変して残業が入るというケースは少ないです。


看護師



リハビリテーション科で勤務するデメリット


一方、リハビリテーション科で勤務する際に考えられるデメリットは下記のとおりです。

一般的な看護師スキルの向上が困難

リハビリ業務が大半を占めるので、一般的な看護師が担当する検査、点滴、注射などの業務を実施するケースは少ないです。

そのため、一般的な看護師が身に付ける技術を習得し難いと言えます。


患者さんのペースで業務を行う

基本的にリハビリは患者さんのペースで実施していきます。

看護師はあくまで見守りに徹して、必要に応じて介助を行うことになるので、自分のペースでテキパキと働きたい方には不向きな職場かもしれません。


補助業務における力仕事が多い

リハビリの補助や日常生活のサポート(食事や入浴、トイレの介助など)を行うことが主な業務となるので、患者さんの体重を支えるための体力が必要です。

そのため、ある程度体力に自信のある看護師に適している職場だと言えます。


看護師



リハビリテーション科で勤務してみませんか?


患者さんの回復に向けて看護師としてさまざまなサポートすることができるのがリハビリテーション科です。

理学療法士や作業療法士などが中心に活躍している職場だというイメージがありますが、看護師に求められる役割もたくさんあります。

特に回復期リハビリテーション病院は、診療報酬改定によって今後求人が増加すると予想されている魅力的な職場だと言われています。

あなたもリハビリテーション科で勤務してみませんか?







おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


ジョブデポ看護師
ジョブデポ看護師

お得!最大40万円の祝い金が貰える看護師転職サイト

ジョブデポ看護師は全国約2万人の看護師や准看護師などが利用している看護師専門の転職サイトです。求人案件も豊富で8万件以上の案件(非公開もあり)が用意されています。ジョブデポ看護師に登録して無事に転職を実現した方には最大40万円の祝い金を貰うことができます。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報