がん性疼痛看護認定看護師の役割

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

がん性疼痛看護認定看護師の役割や資格取得条件などを詳しく解説!


がん患者さんの痛みは持続的に強い痛みが続き、がんの進行に伴って発生頻度が増していき、約90%の割合の患者さんが亡くなるまでにがん性疼痛を経験すると言われています。

そんながん患者さんの持続的な痛みを和らげるためにサポートすることができる資格が「がん性疼痛看護認定看護師」です。


がん性疼痛看護認定看護師の役割



スポンサーリンク





がん性疼痛看護認定看護師の役割


がん性疼痛認定看護師は、薬剤に関する専門的知識を習得するだけではなく、がん性疼痛に苦しんでいる患者さんやその家族に対して、がんによって生じた苦痛を軽減することができるような熟練した看護技術を用いて対応していく役割を担います。

さらに、実践を通じて周囲の看護師などの指導・教育していく役割や、緩和ケアに携わるさまざまな専門分野のスタッフと連携する際の調整役としての役割も同時に求められています。

がんの疼痛によって日常生活へ支障が生じることで、がんに立ち向かう精神力がなくなってしまい、治療の効果を十分に発揮することができないといった事態に陥る恐れがあります。

がん性疼痛看護認定看護師は、診断・治療時期から終末期までの幅広い期間において、がん性疼痛に苦しんでいる患者さんに対して全人的な視点でアセスメントを行い、苦痛を取り除くことでQOLを向上できるようにサポートしていきます。

マネジメントする上で、薬物療法で使用する薬剤の薬理作用をしっかりと理解して、適切に使用できるようにして随時効果を評価していくことも重要な役割です。


看護師



活躍できる職場


がん性疼痛看護認定看護師が活躍できる職場は主に比較的大きな規模の総合病院となっています。

配属される職場に関しては、内科や血液内科、呼吸器科、神経内科などといった診療科がある病棟や地域連携総合支援センター、緩和ケアチームの外来窓口、外来化学療法センターなど幅広い活躍の場が用意されています。

日常業務では、病棟でがん患者さんを看護したり、緩和ケアチームの一員となってがん分野において医師やスタッフと一緒に患者さんやその家族のコンサルタントを実施します。

また、定期的に検討会を開いて緩和ケアの啓蒙や質の向上に資する活動を展開している方も存在します。




緩和ケア認定看護師との違い


がん性疼痛看護認定看護師と似たような資格に緩和ケア認定看護師というものがあります。

緩和ケア認定看護師とは、緩和ケアを受ける患者さんとその家族のサポートに関する最新の知識と技術を習得し、質の高い看護実践を行う認定看護師です。

「緩和ケア」は「がん性疼痛看護」や「がん化学療法看護」と同様に認定看護師分野として特定されていて、現在では約1,000人以上の認定看護師が登録されています。

どちらも似ている分野で重複するところがありますが、緩和ケア認定看護師は、がん性疼痛看護認定看護師と比較してより精神的なケアにウエイトが置かれている資格としてイメージするとわかりやすいと思います。




資格取得の条件


がん性疼痛看護認定看護師を受験するためには、下記の資格取得条件をクリアする必要があります。

1)日本国内の看護師免許を保持していること

2)看護師免許取得後、実務5年以上、認定分野3年以上の勤務経験があること(※病棟での看護実績を有することが望ましい)

3)認定看護師教育機関(課程)修了していること(※6ヶ月615時間以上で昼間に連続した教育であること)





気になる合格率


がん性疼痛看護認定看護師の検定試験自体の難易度はそれほど高くはなく、平均90%台の合格率で推移しています。

その一方で、がん性疼痛看護認定看護師の養成機関は多くないため、受験条件である「教育課程を修了する事」をクリアする方が難しいと言えます。

教育機関としては社会保険看護研修センターや目白大学メディカルスタッフ研修センターなどが有名です。




あなたも資格取得にチャレンジしよう


がん性疼痛看護認定看護師は、がん患者さんとその家族が痛みに影響されることなく治療や療養場所をで選択して、その人らしい生活が長く続くように支援することができる魅力的な認定資格です。

そのため、スキルアップを目指したい方や、看護師としてがんの専門分野に深く携わって仕事をしたいという方にお薦めです。

あなたもぜひ資格取得にチャレンジしてみて下さい^^








おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


マイナビ看護師
マイナビ看護師

マイナビが運営している看護師転職サイト

総合転職サービスとして人気の『マイナビ』が運営している看護師のための転職支援サイトです。全国各都道府県の求人をカバーしているので数多くの好条件求人を取り扱っていて、あなたの満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報