看護師によるアクシデント(医療事故)

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

アクシデント(医療事故)における看護師の対応策とその後の対処方法


アクシデント(医療事故)は医師または看護師などの医療機関に携わるスタッフの業務ミスによって患者さんの心身に影響を及ぼし、何らかの処置が必要となる深刻な状態に陥ることを意味します。

重大な医療ミスを起こしてしまった看護師はそのショックから落ち込み、しばらく職場に出勤することができなくなるケースが多いです。

また最悪の場合は、心理的に多大なストレスを抱えてしまい、退職に追い込まれることもあります。

実際に看護師が仕事を辞めたいと思う理由の多くが、インシデントやアクシデントを引き起こしたことを原因に挙げています。


アクシデント(医療事故)



スポンサーリンク





アクシデントとは・・・


アクシデントは日本語で「医療事故」などと訳されます。インシデントを見逃したり対処法を誤ったりすることで、患者さんに悪影響を及ぼす明らかな医療事故になったものを意味します。

例えば点滴の中身や分量を間違えて点滴してしまったり、薬品を間違えて渡してしまったりするなどのトラブルがアクシデントに該当します。

また、患者さんの身体的状況や特徴をしっかりと把握していないために、患者さんを転倒させてしまったり、ベットから転落させてしまった場合もアクシデントに該当します。

アクシデントを起こしてしまうことで、その患者さんや家族だけでなく、同僚の看護師や医師から厳しく責められることになります。

さらには、損害賠償訴訟を起こされることも考えられます。




アクシデントとインシデントの違い


よくアクシデントとインシデントを混同している方を見かけますが、同じ意味ではありません。

インシデントはアクシデントの一歩手前の状態で、医療ミスを起こした際に患者さんに悪影響がなかった場合の状況を指します。

つまり、医療ミスを起こしてしまった際にそのミスが患者さんに悪影響があった場合がアクシデント。一方、患者さんに悪影響がなかった場合がインシデントとなります。


新人看護師のインシデント






職場の取り組み


医療の現場では年々、インシデントやアクシデントに対して意識が高くなっています。

業務においてインシデント(ヒヤリハット)を経験した看護師にはインシデントレポートの提出を義務付けて、医療事故の意識を高める対策を実施している病院施設も増えています。

特に新人看護師はスキル不足や意識不足が原因で、インシデントやアクシデントを起こしやすいです。

そのため、教育係のプリセプターもヒヤヒヤしながら新人看護師の業務を見守っています。




アクシデントを未然に防ぐ方法


ここでは、アクシデントを起こす確率を少しでも減らすために有効な方法を紹介します。

医療(投薬など)に関する知識を高める
医師も処方を書き間違えることはあります。このような医師のミスに遭遇した場合にしっかりとして知識があれば、投与する前に未然に気付くことができます。

直接口に出して確認する
例えば、投薬する際にはしっかりと口に出して「○○薬を△△㎎でよろしいですか?」や「☆☆注射ですね」などと意識して確認する習慣を付けましょう。口に出すことで、担当医師や同僚の看護師が間違いに気づく可能性が高まります。

疲労を感じたら休息を取る
夜勤や残業で身体が疲れ切っている時は誰でも集中力が低下してミスを起こしやすくなるものです。疲れを感じたら無理をせずに休息を取るようにしましょう。


看護師



看護師賠償保険に加入しよう


万が一、アクシデント(医療事故)を起こしてしまった場合に備える方法として、看護師賠償保険に加入するのもお薦めです。

看護師賠償保険を簡単に説明すると、看護師個人が訴えられたときのための保険で、損害保険会社各社からさまざまな名称で販売されています。

看護職賠償責任保険は、免許を有する看護職の方が看護業務に関連して他者に損害を与えた場合に備える保険です。

アクシデントを起こした場合は、病院の責任だけでなく関係した医療従事者である個人も賠償責任を負わなければいけないケースがあります。

そのような場合に看護師賠償保険に加入していることによって、対人事故や、患者さん・病院の物の損壊、人格権侵害、初期対応費用などが補償されます。




正しくアクシデントに向かい合おう


誰もがアクシデントを起こそうとして働いているわけではありません。

一生懸命に患者さんのために働いているにも関わらず、ミスを犯してしまうことも多々あります。

日頃からアクシデントを起こさないように強い意識を持って業務を担当するのが大切ですが、アクシデントを起こした後の対応も同様に大切です。

「なぜあの時ミスをしてしまったのか?」の原因を究明して適切な対策を施すことで、再びミスを起こす確率を低くすることができます。

反省や後悔ばかりしていても気持ちが滅入ってしまうだけです。これも一人前の看護師になるための試練だと思い、気持ちを切り替えて頑張ってくださいね!











おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


ジョブデポ看護師
ジョブデポ看護師

お得!最大40万円の祝い金が貰える看護師転職サイト

ジョブデポ看護師は全国約2万人の看護師や准看護師などが利用している看護師専門の転職サイトです。求人案件も豊富で8万件以上の案件(非公開もあり)が用意されています。ジョブデポ看護師に登録して無事に転職を実現した方には最大40万円の祝い金を貰うことができます。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報