看護師のインシデント

看護師ナレッジ~看護師の仕事の悩みや転職相談を徹底サポート~

看護師の方々の悩みを解消して快適な看護師ライフを過ごしてもらうことを目的に運営しています。

一人前になるための試練!新人看護師が抱える大半の悩みがインシデントへの不安です


新人など勤務経験の比較的浅い看護師に多い業務トラブルがインシデントです。

実際にインシデントを起こしてしまったときには担当している患者さんに対して申し訳ない気持ちになるだけでなく、先輩や上司の看護師からも厳しく指導され、看護師としてやっていく自信を失うことも多いです。


新人看護師のインシデント



スポンサーリンク





インシデントとは・・・


インシデントとは、思いがけない出来事や偶発的な現象で、これらに対して適切な処理が行われないと事故となる可能性がある事象のことを指します。

医療の現場においては、患者さんに傷害を及ぼすまでは至らなかったが、ヒヤリとするような医療上のミスのことを意味します。

インシデントに気づかなかったり、適切な処置が行われないと医療事故(アクシデント)となる恐れがあります。

また、現場で使われる「ヒヤリハット」という言葉は、インシデントと同義語となります。




新人看護師へ厳しく指導


医師とは異なり看護の現場では、ミスを起こす前に気が付いたり処置方法が間違ってしまっても重大な事態までには至らないケース(インシデントレベル)で留まることが多いです。

しかし可能性は低いですが、少しのミスであっても最悪の場合に患者さんの様態が急変するなどのアクシデント(医療事故)にまで発展してしまう恐れは十分にあります。

そのため、特に新人看護師に対しては医療ミスを起こさずに事前にミスを防げるように、適切な手技や手順から指示の受け方、業務のチェック方法まで厳しく指導されます。


看護師



インシデントレポートの提出


インシデント(ヒヤリハット)の時点で有効な対策・処置を実施できるか否かが医療事故防ぐためのカギとなります。

そのため、日々の業務において起こってしまった看護師にインシデントの報告をするためのインシデントトレポートの提出を義務付けている病院施設は多いです。

しかし、その一方で迅速にミスを防止するための有効な対策を立てられるところはまだまだ少ないのが現状と言えます。




インシデントで自信を失う看護師も多い


同じようなインシデントを短期間に繰り返し起こしてしまったり、同じ患者さんに繰り返してしまった際は、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになって、辛くて看護師の仕事を辞めたいとという衝動に駆られることもあります。

しかしインシデントを起こした後、「私は看護師に向いていない・・・」と落ち込んでしまったり、必要以上に慎重になり過ぎて業務を実施することは逆効果となります。


新人看護師のインシデント



インシデントを未然に防ぐ方法


インシデントは一人前の看護師になるために誰もが経験する道ですが、インシデントを未然に防ぐ、あるいは減らすための方法は存在します。

この項目では未然に防ぐために効果的な方法を下記に紹介しています。

投薬や医療に関する知識を高める

投薬や医療に関する知識が十分に備わっていれば、不自然な投薬方法や明らかに間違った分量などにも気付きやすくなります。また、医師の処方自体が間違っていた場合にも気付くことができます。

新人の頃には知識や経験は乏しいですが、業務に臨む前には十分な準備と情報収集をするように心掛けましょう。


口に出して確認するなどの確認の徹底

ダブルチェック・声出し確認などの確認方法を徹底することも効果的です。ダブルチェック(2者確認)は、一人よりも二人で確認した方が精度が高まります。

声出しでは口に出すことで、自分自身で確認できるだけでなく、周りの看護師に気付いてもらえることも多いです。また、指差し確認を行うのも効果があります。


周りの先輩や上司に質問する

自分の判断に自信がない場合は遠慮せずに先輩や上司などに聞くようにしましょう。

曖昧な知識と判断が原因でインシデントを起こしてしまうよりも、多少怒られたり嫌味を言われる方がマシだと思う方が賢明で、自分にとってもプラスになります。


疲労の蓄積による集中力の低下に注意する

疲労が蓄積していくに従い集中力が低下していき、インシデントなどを起こしやすくなります。

疲れを感じたら、無理をしないで少し休息を取るように心がけましょう。




インシデントを起こした後の対処方法


万が一、インシデントを起こしてしまった際の対処方法を紹介します。

原因と対策を探求する

インシデントを起こしてしまった場合は「なぜ起こったのか?」「どうすれば未然に防ぐことができたのか?」を冷静になって客観的に分析するようにしましょう。

今後、同じような業務を受け持つ際にインシデントを防ぐための方法・対策を考えておくことでミスなく冷静に対応することができます。


きちんと周囲に報告してアドバイスを聞く

インシデントを起こしてしまった後、その事実を隠ぺいするのではなく、その状況をきちんと周囲に報告して、アドバイスをしっかり聞くことも大切です。

あなた自身が素直に先輩や同僚、上司の意見を聞く姿勢を持っていれば、適切なアドバイスをしてくれます。





インシデントを乗り越えよう


人間は失敗をする生き物です。特に新人など経験と知識が乏しい頃にはインシデントを起こす可能性も高くなります。

インシデントを経験していない看護師はほとんどいません。あなたの職場にいる先輩や上司も一度や二度はインシデントを起こしたことがあるはずです。

「看護師として失格だ・・・」と落ち込む気持ちは分かりますが、一人前になるために誰もが通る道だと気持ちを切り替えて、どのようにすればインシデントを防ぐことができるのかを信頼できる先輩や上司に相談してみるのもよいと思います。

ぜひ、この試練を乗り越えて一人前の看護師に成長してください。きっとあなたなら乗り越えることができますよ^^







おすすめ看護師転職サイトTOP3


「仕事が忙しい」「休日が少ない」「残業が多い」「人間関係で悩んでいる」など、職場内で悩みを抱えている看護師は大勢います。

中にはストレスを抱え込んで体調を崩してしまい、看護師の仕事を辞めようと考えている方も・・・。せっかく勉強して念願の看護師になったのに、看護師を辞めるのは勿体ないです。

そんな方は看護師の転職サイトに登録することをお勧めします。実際に看護師の仕事を辞める前に転職をして職場を変えることで悩みが解決するケースがたくさんあります。

どの転職サイトも登録無料です。担当のコンサルタントさんがあなたの悩みを親身に聞き入れ、希望に合った求人を紹介してくれますよ^^



ランキング

看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

全国12万件以上の豊富な求人案件の中からあなたの理想の職場を見つけることができます。看護師業界に精通した専任コンサルタントがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。自分に合う求人を知りたい方、スムーズな転職を実現したい方にお薦めです。


ジョブデポ看護師
ジョブデポ看護師

お得!最大40万円の祝い金が貰える看護師転職サイト

ジョブデポ看護師は全国約2万人の看護師や准看護師などが利用している看護師専門の転職サイトです。求人案件も豊富で8万件以上の案件(非公開もあり)が用意されています。ジョブデポ看護師に登録して無事に転職を実現した方には最大40万円の祝い金を貰うことができます。


パソナメディカル
パソナメディカル

正社員以外の求人を探している方におすすめです

パソナメディカルでは正社員だけでなく、契約社員やパートタイマー、紹介予定派遣などのさまざまな雇用形態の求人が用意されています。希望の期間や勤務場所、勤務時間帯などライフスタイルに合わせて仕事が選べます。正社員勤務で人間関係や残業が多いなどの悩みを抱えている方におすすめです。








 

カテゴリー
最近の投稿
メタ情報